HOME > 製品紹介

製品紹介  (弊社の技工物の特徴はコチラ)

ジルコニア

表示切替
上部枠

説明

①オールジルコニア
従来の単色のものに比べて熱処理の前に染色材を浸透させることによって、より自然な仕上がりになっています。

ジルコニア

②ヨーロッパシェアNo.1のシステム採用
ヨーロッパで歯科ブランドのアマンギルバッハ社のシステムにより、機能的で精度が高い補綴物が製作できます。

ジルコニア

③リアルな咬合面形状
0.3mmという細かいミリングバーで切削することにより、リアルな咬合面が再現可能になりました。

ジルコニア
下部枠

CAD/CAM冠

表示切替
上部枠

説明

①豊富な実績
12,000症例を越える症例を手掛けさせてもらいました。

CAD/CAM冠

②日本人に合った歯牙形態
当社独自で調整した歯牙形態を採用することにより、日本人に合った調和した歯牙形態を提供しています。

CAD/CAM冠

③大臼歯が保険適用になりました。
高性能スキャナーIdentica hybrid・エアタービン加工機MASTERmillを採用しており、
安定したものをお届けしております。

CAD/CAM冠
下部枠

保険・クラウン・ブリッジ

表示切替
上部枠

説明

①キレイなクラウン内面
デジタルでの支台処理やドイツ製の切削機でタービン切削することにより、キレイな内面に仕上がり、スムーズな適合が得られます。

保険・クラウン・ブリッジ

②安定した歯牙形態
デジタルデザインすることにより、術者の技量にかかわらず安定した機能的で形状の良いクラウンが製作されます。

保険・クラウン・ブリッジ

③精度の高いマージン
デジタル技工ならではの正確でキレイなマージンが得られます。

保険・クラウン・ブリッジ
下部枠

熱可塑性アクリレジン(アクリ・ジェット)

表示切替
上部枠

説明

①保険適用
点数はスルホン床と同じです。

アクリ・ジェット

②割れにくい
従来のアクリルレジンに比べ、約3倍以上の耐衝撃性があります。

アクリ・ジェット

③修理簡単
修理リライニングが即時重合レジンを使用してアクリル床と同様の方法で出来ます。

アクリ・ジェット
下部枠

オールセラミックス

表示切替
上部枠

説明

金属を使用しない為、光の透過性が良く天然歯に非常に近い色調を回復できます。
最新の補綴技術として各社様々な材料がでています。

オールセラミックス

e.max(イー.マックス)

オールセラミックで、エンプレスの次世代マテリアルになります。
ジルコニアでも上に盛り付ける陶材はせいぜい80~120メガパスカルと考えると、e-max
は一つの材質で400メガパスカルを有し、チェアサイドの調整範囲でも相当固いです。
製作方法はワックスアップしてプレスされたセラミックに「ステイン法」で仕上げるものと、
コーピングの上に盛り付ける「レヤリング法」があります。
インレー・オンレー・ラミネートベニアにも対応しております。

オールセラミックス
下部枠

メタルボンド

表示切替
上部枠

説明

メタルボンド用の金属に陶材を焼き付ける物です。陶材ですので給水性もなく長期間
変色しません。
強度的にも優れているので多数歯にも最適です。「サンエーの主力商品」です。

メタルボンド メタルボンド
下部枠

高強度硬質レジンブリッジ(ジーシーエクスペリア)

表示切替
上部枠

説明

①保険診療でメタルフリーの臼歯3歯ブリッジが新設されました。

高強度硬質レジンブリッジ

②高強度硬質レジン×ダブルグラスファイバー

高強度硬質レジンブリッジ

③5年間の臨床を支えた優れた物性

高強度硬質レジンブリッジ
下部枠

ハイブリッドセラミックス

表示切替
上部枠

説明

保険の硬質レジンに比べ強度があり、審美的にも優れ、長期的に使用した場合にも、
強度の低下や変色も少なく長持ちします。自費の材料になります。
インレーに優れています。症例によっては、ファイバー処理で強度をさらに増す事が
可能です。

ハイブリッドセラミックス ハイブリッドセラミックス
下部枠

ファイバーコア

表示切替
上部枠

説明

ファイバー繊維の弾力で強度を有し、咬合圧の強い症例でも金属に比べて破断が少なく、
材質の白さから審美性にも優れています。自費の材料になります。

ファイバーコア ファイバーコア
下部枠

インプラント

表示切替
上部枠

説明

普通なら入れ歯になる症例でも、インプラントを用いる事で歯を元通りに近い状態に
回復出来ます。
様々なメーカーのインプラントがありますが、サンエーでは基本的にどのメーカーも
対応可能です。

インプラント インプラント
下部枠

保険 HR前装冠・ジャケット冠

表示切替
上部枠

説明

内面には金銀パラジウム合金などの金属を用いて、口を開いた時に見える部分には
白いレジンが貼り付けられているクラウンです。
保険が適応される為、治療費が安価ですが、レジンはあくまで『プラスチック』なので
時間が経つにつれ、口腔内の水分を吸収して変色してしまうというのが短所です。

保険 HR前装冠・ジャケット冠 保険 HR前装冠・ジャケット冠
下部枠

自費・保険 In・FCK・Br(ブリッジ)

表示切替
上部枠

説明

工程の細分化により、模型・マウント・トリミング・ワックスアップ・埋没・適合・コンタクト・
バイト・研磨とそれぞれの専属の技工士による作業で、ドクターからの細やかな
カスタマイズに対応しています。また、高周波鋳造機、自動機械研磨など、機械化の導入
による安定性の向上も行っています。このようにサンエーでは、徹底した
工程管理、チェック体制を行うことにより「品質の安定供給」を実現しています。

自費・保険 In・FCK・Br(ブリッジ) 自費・保険 In・FCK・Br(ブリッジ)
下部枠

アタッチメント・コーヌスクローネ

表示切替
上部枠

説明

既成アタッチメントはもちろんの事、ミリング加工・ネジ加工などを駆使して、既成品では
対応しにくい箇所も、審美的にも機能的にも満足して戴ける自家製アタッチメントの製作も
行っています。

アタッチメント・コーヌスクローネ アタッチメント・コーヌスクローネ
下部枠

金属床義歯(メタルプレート)

表示切替
上部枠

全体の特徴

・薄く加工できる為、従来の義歯に対して違和感が少ない。
・耐久性が高く、丈夫で長持ちする。
・汚れや臭いが付きにくい為、清潔に保ちやすい。
・熱伝導率に優れ、食べ物の熱さ・冷たさが伝わりやすい。

コバルトクロム床

・金属床としては最も歴史のあるタイプです。
・金属床の中でも重量感が一番あるので、特に下顎に適している。
・金属床の中では比較的安価。

貴金属床

・生体親和性が高く、熱伝導率が非常に高い金属です。

チタン床

・現在では、最先端な素材で、チタンならではの軽さと強さを兼ね備えています。
・比重が4.5と非常に小さいためアルミニウムに次いで軽く、丈夫。
・薄く、細くできるため義歯の理想的な設計ができる。

金属床義歯(メタルプレート) 金属床義歯(メタルプレート)

レーザー溶接機

歯科で用いる金属全ての溶接が可能です。
ロウ材を使用せずに母材と同じ金属を溶かしあうので、酸化による変色の心配も
ありません。

・鋳造巣の修理
・クラウンブリッジの連結部接合
・金属床の連結
・異種金属の溶接

下部枠

ノンクラスプデンチャー

表示切替
上部枠

説明

金属のバネ(クラスプ)を使わずに素材の弾性で歯にかけて安定させる部分義歯です。
その為、口を開けても金属が見えないので、審美性に優れています。
元来、素材が樹脂な為、チェアサイドでの修理が難しかったのですが、現在では増歯の
できるタイプもあります。

ノンクラスプデンチャー ノンクラスプデンチャー
下部枠

義歯

表示切替
上部枠

説明

サンエーでは、患者様の暮らしがより良いものになるよう、適合精度の高い
「DS重合システム」を採用しています。
通常の重合において完成義歯は収縮し、ぴったりと口腔内粘膜とは合いません。
DSシステムとは、重合時の収縮を最小限に抑え、モノマーの溶出がなく、身体に安全な
重合システムです。

義歯 義歯
下部枠

マウスピース各種

表示切替
上部枠

説明

ナイトガード(ソフト・ハード)、スリープスプリント、スポーツ用マウスガードの製作も
承っています。多彩な色をご用意しています。
症例についての相談は担当の営業までお問い合わせください。

マウスピース各種 マウスピース各種
下部枠

色々と取り揃えていますのでお気軽にご相談ください。

pagetop